Hatena Blog版「筑西歳時記」 ~茨城県筑西市(旧下館市と関城・明野・協和町)~

筑西市を紹介するブログ「筑西歳時記」のHatena Blog版です

板谷波山生誕150年記念 茨城工芸会展

こんにちは、みなさんお元気ですか?

さてここ茨城県筑西市は、陶聖・板谷波山先生(文化勲章受章者)の出身地。そして今年(令和4年)は、波山先生の生誕150年という節目の年です。

市はこれまで、波山先生の作品を一堂に集めた展覧会「生誕150年記念 板谷波山の陶芸~麗しき作品と生涯~」を開催したほか、「板谷波山生誕150年記念 榎木孝明水彩画展~ロケ地の情景」など数々の記念事業を行っています。そして10月8日(土)からしもだて美術館で始まるのがこちら、「板谷波山生誕150年記念 茨城工芸会展」↓

f:id:UncleAlbert:20220929082448j:image

茨城工芸会は、昭和5年(1930)に波山先生の提唱によって発足した団体。以来会員は、切磋琢磨しながら技と心を磨いてきました。

f:id:UncleAlbert:20220929082350j:image

今回の茨城工芸会展では、陶芸、漆芸、金工、染織、ガラスなど様々な工芸分野で活躍する、茨城の現代工芸作家約40名の作品を紹介。東洋と西洋の陶様式を融合させた作風を研ぎ澄ました「陶聖」板谷波山先生の進取の精神と作品にかけた情熱が、現在の会員にも脈々と受け継がれています。

【出品作家】
◆陶磁(27名) 荒田耕治、飯沼耕市、伊藤東彦、井上壽博、井上英基、植竹敏、浦口雅行、大貫博之、影山明志、梶谷胖、小林哲生、小林浩、小林政美、酒井芳樹、清水正章、下山田昌右、高橋義直、駄駄男、筒井修、寺本守、根本峻吾、羽石修二、福野道隆、前野善樹、松井康陽、丸山輝悦、渡邊信雄
◆金工(4名) 宇田直人、盛澄子、山口堅造、山口みちよ
◆漆芸(1名) 辻󠄀徹
◆木工(1名) 鈴木敬康
◆染織(2名) 梶山和世、佐川麻穂
◆刺繍(1名) 田仲範子
◆七宝(1名) 辻博美 
◆人形(1名) 中島則子
◆ガラス(1名) 武井盛彦


というわけで、波山先生の志を受け継ぐ作家たちの作品を、ぜひみなさんもご覧になってください。


板谷波山生誕150年記念 茨城工芸会展
日時 令和4年10月8日(土)~12月18日(日)午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
月曜休館*10月10日(月)は開館し、翌日休館
入館料 一般500円/団体(10名以上)450円/高校生以下無料
板谷波山記念館入館券の半券提示で390円
*本展入館券で、同時開催・秋冬季所蔵品展も鑑賞可
主催 筑西市 筑西市教育委員会  しもだて美術館
特別協力 茨城工芸会
後援 茨城県
問合せ しもだて美術館TEL0296-23-1601

■関連イベント
歴代会長によるトークイベント
11月13日(日)午後1時30分~しもだて地域交流センター・アルテリオ1階集会室*要入館券
井上壽博、寺本守、松井康陽

作家によるギャラリートーク
10月16日(日)午後1時30分~田仲範子(刺繍)、羽石修二(陶芸)
11月20日(日)午後1時30分~武井盛彦(ガラス)、盛澄子(金工)
12月18日(日)午後1時30分~辻󠄀徹(漆工)、福野道隆(陶芸)

*詳細はお問い合わせください。

しもだて美術館
板谷波山記念館

Amebaブログ