GoToトラベル 福井の旅3 福井県立恐竜博物館で発掘体験

こんにちは。
茨城県筑西市とは関係ありませんが・・・
先月(10月)末に行った「GoToトラベル 福井の旅2永平寺・平泉寺白山神社
」からの続きです。

福井市内にあるホテル・リバージュアケボノさんに一泊した わたし臣(しん)とその一行。朝食はホテルのバイキング形式で、わたくし臣が選んだのがこちら↓

f:id:UncleAlbert:20201121163720j:plain

全部美味しくいただきました。

さあ、お腹も満足した所で向かったのはこちら、銀色のドームが印象的な↓

f:id:UncleAlbert:20201121163552j:plain

福井県立恐竜博物館です↓

f:id:UncleAlbert:20201121163923j:plain

f:id:UncleAlbert:20201121164501j:plain

恐竜の化石が多数発掘されたことから「恐竜王国」とも呼ばれる福井県
この県立恐竜博物館は、福井県勝山市の長尾山総合公園(かつやま恐竜の森)内にある、恐竜関連の資料を中心とした、地球史を学習できる国内最大級の博物館なのです。

f:id:UncleAlbert:20201121211148j:plain

 

f:id:UncleAlbert:20201121224254j:plain

40体以上の恐竜全身骨格をはじめ、大型復元ジオラマや映像など、子どもから大人
まで楽しめる施設になっています。

f:id:UncleAlbert:20201121164656j:plain

なお現在は、新型コロナウイルス対策のため入場制限を行っていて、予約が無いと入れません。

f:id:UncleAlbert:20201121164744j:plain

 

f:id:UncleAlbert:20201121225150j:plain

f:id:UncleAlbert:20201121164834j:plain

昼食は博物館の外にあるレストランで↓

f:id:UncleAlbert:20201121165009j:plain

福井名物だという、ソースかつ丼をいただきました↓

f:id:UncleAlbert:20201121165053j:plain

ソースかつ丼、(多分)初めて食べました。福井県の名物だったんですね。

さあ、そしていよいよお待ちかね、化石発掘体験です。

バスに乗って恐竜化石の発掘現場を見学した後に発掘体験ができる「野外恐竜博物館ツアー」もあったのですが、そちらは予約が取れなかったので、発掘体験のみの参加となりました↓

f:id:UncleAlbert:20201121165744j:plain

最初に化石のでき方や石の割り方などの説明を受け、石の敷き詰められた会場で発掘体験開始。ゴーグル着用のうえハンマーとタガネを使い、石を砕いて化石を探します。
今年8月に公開された映画「ドラえもん のび太の新恐竜」の冒頭で、のび太たちが化石を探すシーンがありますが、まさしくあのままです。

f:id:UncleAlbert:20201121165856j:plain

(発掘中の写真は撮らなかったので、SKIJAM勝山さんのHPからお借りしました)

岩石は実際の発掘現場から運んだもので、植物や貝殻、まれに動物の化石が見つかるそうです。発見した化石は、研究資料になるような貴重なもの以外なら1人1個まで持ち帰れるとのことでした。

ちなみに、平成26年にはここで、岐阜市の小学6年生が1億2千年前の新種哺乳類の化石を発見したそうです。

新種とまではいかなくても、せめて何か見つけたいと思い、一生懸命探していたたら・・・

発見しました!

植物の化石です↓

f:id:UncleAlbert:20201121171411j:plain

ちょっと大きめでかさばりましたが、記念に持ち帰ることに。良い想い出になりました。

さて、発掘体験会場を出ると「恐竜のアスレチックで遊びたい」と子どもが言い出しました↓

f:id:UncleAlbert:20201121230923j:plain

「福井まで来てアスレチックで遊ばなくても、茨城にあるだろう」と思いつつも、子どもにお付き合い。しばらく遊ぶと満足したようなので、博物館に再入館してミュージアムショップへ↓

f:id:UncleAlbert:20201121231010j:plain

お土産を買ったところで博物館をあとにして、この日の宿へと移動することにしました。

 

というわけで、今回はここまで。「GoToトラベル 福井の旅4」に続きます。


国土交通省観光庁
福井県立恐竜博物館

勝山恐竜の森
SKIJAM勝山

 

筑西市応援プレミアム商品券

こんにちは。
新型コロナウイルスの感染者が全国で連日2,000人を超え、感染拡大が止まりません。みんなで、感染予防を心掛けましょう。

さて先日のこと、我が家にこんなハガキが届きました↓

f:id:UncleAlbert:20201120001749j:image

f:id:UncleAlbert:20201120001805j:image

筑西市応援プレミアム商品券の購入引換券です。

f:id:UncleAlbert:20201120000441j:plain

茨城県筑西市内の全世帯に郵送されたというこのハガキ。10,000円分のプレミアム商品券を5,000円で購入できるという引換券になっています。

これはお得、しかも地元経済の活性化にも役立ちそうです。みなさんの街でも、同じような試みがされているのでしょうか?


以下は筑西市ホームページより↓

筑西市応援プレミアム商品券(第2回)を販売します。
新型コロナウイルス感染症により、売上減少等の影響を受けている地元商店等の支援及び市民の家計負担軽減のため、プレミアム商品券(第2回)を発行し、市内経済の回復を図ります。第2回は、購入引換券(はがき)を全世帯主宛てに配布し、購入時に提示いただきます。

商品券販売価格
1セット10,000円分の商品券を5
,000円で販売します。

内訳
・中小店専用券(中小店・飲食店利用可)5,000円分(500円×10枚)
・共通券(大型店・中小店・飲食店利用可)5,000円分(1,000円×5枚)

販売数
40,000セット

対象者
世帯主宛てに購入引換券(はがき)を11月中旬以降より順次、郵送します。

購入限度枚数
1世帯につき1セット

商品券販売期間
購入引換券(はがき)到着後から令和2年12月17日(木)まで
購入引換券(はがき)を持参し、販売場所にて購入してください。

販売場所
・道の駅グランテラス筑西筑西市川澄1850)※定休日以外
TEL0296-45-5055
・市内郵便局20局 ※土日祝日以外

残余販売について
商品券に残余がある場合には、12月18日(金)から残余を販売します。
※残余分購入時には、11月に配布する「購入引換券(はがき)」が必要となります。なくさないよう保管ください。(再交付不可)

商品券使用期限
令和3年1月31日(日)まで

商品券使用取扱店
筑西市応援プレミアム商品券(第1回)と同様

取扱店一覧はこちら(令和2年9月30日現在)
取扱店一覧(令和2年11月10日追加分)
※一覧に記載がなくても「のぼり」「ポスター」のある店舗で利用可能


というわけで、筑西市応援プレミアム商品券。筑西市民のみなさんは、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

 

■プレミアム商品券の問い合わせ先
筑西市商工振興課
TEL0296-54-7011


筑西市ホームページ

厚生労働省

 

GoToトラベル 福井の旅2 永平寺・平泉寺白山神社編

こんにちは。
茨城県筑西市とは関係ありませんが・・・
先月(10月)末に行った「GoToトラベル 福井の旅1 出発編」からの続きです。

小松空港からレンタカーに乗った わたくし臣(しん)とその一行。目指すは曹洞宗大本山永平寺です。
が、しかし、時刻はもう昼過ぎ。まずは昼食をとってからお参りする事にしました。

入ったのはこちら↓

f:id:UncleAlbert:20201117025449j:image

永平寺の近くにある、元祖手打ちそば山楽亭さん。いただいたのは、ざるおろしそば(確か1,000円)です↓

f:id:UncleAlbert:20201117025645j:image

そして、名物の胡麻豆腐も↓

f:id:UncleAlbert:20201117025803j:image

胡麻豆腐は、修行僧のタンパク源として古くから食べられてきた代表的な精進料理。豊かな香り、なめらかでもっちりした食感、美味しくいただきました。

さて、空腹を満たした後は、いよいよ永平寺です↓

f:id:UncleAlbert:20201117025916j:image

寛元2年(1244)、道元禅師によって開かれた永平寺は、福井県吉田郡永平寺町にある曹洞宗大本山で、出家したお坊さんたちが修行する道場でもあります。七堂伽藍を中心とした大小70あまりの建造物が建ち並び、令和元年には、仏殿や法堂など19棟が国の重要文化財に指定されています。

新しく整備されたという参道↓

f:id:UncleAlbert:20201117030006j:image

f:id:UncleAlbert:20201117030109j:image

f:id:UncleAlbert:20201117030234j:image

七堂伽藍の中心である仏殿↓

f:id:UncleAlbert:20201117030435j:image

大本山だけあって、とても広い境内です。230枚の天井絵が圧倒的な美しさの傘松閣など、見所もたくさん。そして、歩いていると修行中の若いお坊さんに大勢すれ違います。そう、ここは修行のための道場。多くの修行僧が、早朝に起床し、勤行、坐禅など、日夜厳しい修行に励んでいるのです。
ちなみに、修行僧の写真を撮るのは禁止とのことでした。

さて、永平寺を後にする前に、ちょっとだけお土産物屋さんをのぞいてみると・・・

f:id:UncleAlbert:20201117030637j:image

なんとここにも鬼滅が。北陸限定「鬼滅の刃キーホルダー」が販売されていました。恐るべし鬼滅。


そして、永平寺の次に訪れたのがこちら↓

f:id:UncleAlbert:20201117030737j:image

勝山市にある平泉寺白山神社です。
養老元年(717)に白山平泉寺として開かれ、明治の神仏分離令により平泉白山神社となりました。かつては、霊峰・白山の信仰の拠点として数千もの坊院が存在したともいわれていて、境内は「白山平泉寺旧境内」の名称で国の史跡に指定されています。

こちらは拝殿↓

f:id:UncleAlbert:20201117030914j:image

現在のものは安政6年(1859)造営
ですが、天正2年(1574)に兵火により焼失する前は、正面45間という国内最大の拝殿が建っていたそうです。

こちらが、御本社↓

f:id:UncleAlbert:20201117030958j:image

御祭神は伊弉冊尊(いざなみのみこと)。現社殿は寛政7年(1795)、越前藩主の松平重富公による再建によるものだそうです。

御本社から皿に奥へと登っていくと、栲幡千々姫尊(たくはたちぢひめのみこと)をまつる三ノ宮が↓

f:id:UncleAlbert:20201117031035j:image

そして、大楠公墓塔(楠木正成公墓塔)がありました↓

f:id:UncleAlbert:20201117031135j:image

平泉寺白山神社(白山平泉寺)は後醍醐天皇建武の中興に際して、官軍との関係が深かったそうです。古い縁起によると、楠木正成の甥・恵秀律師(えしゅうりつし)は平泉寺衆徒の1人で、正成戦死の報を聞き、五重の石塔を建て菩提を弔ったとのことです。
わたくし臣(しんが住む)茨城県筑西市も、中舘(伊佐城)、関舘(関城)など南朝(後醍醐方)に縁の土地なので、こういう場所を訪れると、不思議な親近感がわいてきます。

こうして平泉寺白山神社を後にした一行は、本日の宿へ。泊まったのは、福井市内にあるホテル・リバージュアケボノさん↓

f:id:UncleAlbert:20201117031219j:image

夕食は、歩き疲れた わたくし臣(しん)の要望で、ホテル近くの炭火焼きの店・織々屋(おりおりや)さんへ。
この店は、好きな具材を自分で選んで自分で焼くスタイルです↓

f:id:UncleAlbert:20201117031303j:image

こちらの海鮮は焼かずにいただきました↓

f:id:UncleAlbert:20201117031353j:image

美味しかったです。


というわけで、話が長くなってしまったので、今回はここまで。「GoToトラベル 福井の旅3」に続きます。


国土交通省観光庁
永平寺
曹洞宗公式戦サイト禅ネット
福井県永平寺町
平泉白山神社

 

広末涼子さんと路上で遭遇、茨城県筑西市でドラマ撮影

こんにちは。
いよいよ秋も深まってきました。今年は柿の当たり年なのか、うちの庭の柿の木は、例年に比べて多くの実をつけています↓

f:id:UncleAlbert:20201115002715j:image

さて話は変わって・・・
この前の木曜日(11月12日)のことです。
所用のため、地元である茨城県筑西市下館駅近くを歩いていると、旧映画館通りが通行止めになっていました↓

f:id:UncleAlbert:20201115002737j:image

特に工事をしているわけでも無さそうなので、誘導灯を手に立っていた男性に話を聞くと、「WOWOWのドラマの撮影です」とのこと。「へえ~、ドラマ撮影か」と、少し回り道をして遠くから眺めてみました↓

f:id:UncleAlbert:20201115002805j:image

f:id:UncleAlbert:20201115002829j:image

確かに人が大勢集まって、カメラやマイクも見えます。しかし、余りに遠くて見えないので、あきらめてすぐにその場を離れました。

その後特に気に止めることなく、用件先を目指して歩いていると、前から何やら綺麗な女性が・・・。

こちらに歩いてくるその女性、良く見るとなんと、広末涼子さんではありませんか!

f:id:UncleAlbert:20201116130419j:image

まさに一瞬の出来事でした。一緒にいるもう1人の方は、マネージャーさんでしょうか。2人はすれ違うと、そのまま歩き去って行ったのです(写真を撮る暇は無かったので、WOWOWさんからお借りしました)。

後でネットで調べてみると、来年1月からWOWOWで、広末さんも出演する連続ドラマ「トッカイ ~不良債権特別回収部~」が放映されるようです。おそらくこのドラマのロケだったのではないでしょうか↓

 

f:id:UncleAlbert:20201115002848j:image

それにしても、普段生活している街で、ある日突然女優さんとすれ違うとは。こんな事もあるんですね。


というわけで、広末涼子さんと遭遇したお話でした。


WOWOW開局30周年ドラマW「トッカイ ~不良債権特別回収部~」

WOWOWプライム
令和3年1月17日(日)スタート
毎週日曜夜10時
*第1話無料放送(全12話)

バブル経済崩壊後の1996年(平成8年)を舞台に、経営破綻した住宅金融専門会社不良債権取り立てを目的として設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」の不良債権特別回収部、通称「トッカイ」の苦闘を描くドラマ。出演は、トッカイの指揮を執る主人公・柴崎朗役に伊藤英明さんのほか、中山優馬さん、萩原聖人さん、矢島健一さん、橋爪功さん、そして広末涼子さん。

広末涼子さんのコメント
ドラマWへの参加、そして若松監督との作品作りにワクワクしながら台本を読ませていただきました。時代背景や普段使い慣れない言葉の羅列に正直始めは戸惑いましたが、戦う男たちの情熱に引き込まれ、気付けば物語に没頭していました。
激動の時代の男社会で、共に戦う女性像を強く凛々しく美しく演じられるよう頑張ります。是非、ご覧ください。

原作:清武英利「トッカイ バブルの怪人を追いつめた男たち」(講談社刊)
監督:若松節朗、村谷嘉則
脚本:戸田山雅司
音楽:住友紀人
制作協力:共同テレビ
製作:WOWOW

WOWOW
フラーム

GoToトラベル 福井の旅1 出発編

こんにちは、みなさんお元気ですか?
さて、このブログでも以前、ミュージアムパーク茨城県自然博物館水戸市森林公園の恐竜について書かせていただいたように、うちの子は今「恐竜」にはまっています。

はい、ということで先月(10月)末に行って来ました。
日本屈指の恐竜化石の産地・福井県にある恐竜博物館へ!

今回の福井行きは、政府が推進する「GoToトラベル」を利用した旅。「GoToトラベル」とは、国内旅行代金の半額を国が支援するもので、支援額のうち70%は旅行代金の割引に、30%は旅行先で使える「地域共通クーポン」として付与されるのです。

こちらが、今回いただいた「地域共通クーポン」↓

f:id:UncleAlbert:20201113122253j:image

使用可能な地域は、福井・石川・岐阜・滋賀県京都府の5府県。1枚1,000円のクーポンが

こんなにいっぱい、果たして使いきれるのか・・・。

さて、茨城県筑西市を出発した わたくし臣(しん)とその一行・・・
JR小山駅から新幹線に乗り↓

f:id:UncleAlbert:20201113122322j:image

東京駅から山手線を経由して、浜松町駅でモノレールに乗り換え↓

f:id:UncleAlbert:20201113122445j:imagef:id:UncleAlbert:20201113122518j:image

羽田空港に到着です↓

f:id:UncleAlbert:20201113122558j:image

朝食は、空港内でいただきました↓

f:id:UncleAlbert:20201113122729j:image

お腹も満たされたところで、日本航空(JAL)の飛行機に乗り、北陸地方の空の玄関口である小松空港(石川県小松市)を目指します↓

f:id:UncleAlbert:20201113122810j:image

子どもは、初めて乗る飛行機に大喜び↓

f:id:UncleAlbert:20201113122948j:image

搭乗者のうち、子どもだけが組み立て式の飛行機フィギュアをもらえたのですが、我慢というものを知らないうちの子、その場ですぐに箱を開けて作り始め↓

f:id:UncleAlbert:20201113123027j:image

無事完成。が、かさばる荷物が1つ増えるという結果に・・・。子どもは満足したようなので、まあ良しとしましょう。

その後は、冠雪の富士山を遠くに眺めつつ↓

f:id:UncleAlbert:20201113123248j:image

f:id:UncleAlbert:20201113123406j:image

約1時間の飛行時間で、あっという間に小松空港に到着です↓

f:id:UncleAlbert:20201113123450j:image

ちなみに、小松空港があるのは石川県小松市ですが、小松市福井県との県境に程近いため、両県で利用されているようです。

さあ、ここからはレンタカーで移動。途中で道の駅に立ち寄りつつ、最初の目的地である曹洞宗大本山永平寺を目指します。


というわけで「GoToトラベル 福井の旅2 永平寺・平泉寺白山神社編」に続きます。


国土交通省観光庁
JR東日本
東京モノレール
JAL日本航空
羽田空港
小松空港

ミュージアムパーク茨城県自然博物館

 

「DOUBLE FANTASY -John & Yoko」1Two Virgins

こんにちは、みなさんお元気ですか、
このブログでも記事にさせていただいた劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」が、公開から24日間で興行収入204億円を突破し、歴代興行収入ランキング5位になったそうです。いったいどこまで記録を伸ばすのでしょうか。

 

さて、話題は変わって・・・
ここ茨城県筑西市とは関係ありませんが、前回の記事、10月下旬に行った「六本木ヒルズテレビ朝日」の続きです。

六本木ヒルズを過ぎて、ソニーミュージック六本木ミュージアムに着いた わたくし臣(しん)、目的はこちら↓

f:id:UncleAlbert:20201111122947j:image

「DOUBLE FANTASY – John & Yoko」(ダブル・ファンタジー ジョン・アンド・ヨーコ)です。
この展覧会は、元ビートルズジョン・レノン生誕80周年にあわせて、ジョンとオノ・ヨーコの軌跡を、彼ら自身の言葉や作品でたどるもの。平成30年5月から令和元年11月まで、ジョンの故郷であるイギリス・リバプール博物館で行われた展覧会を、場所を東京に移して開催しています。

それでは館内へ↓

f:id:UncleAlbert:20201111123058j:image

展示はジョンやヨーコがまだ小さい頃、原子爆弾投下など戦争の記憶から始まり、二人の歩みを時系列で追っていきます。

安田財閥系の裕福な家庭に育ち、コンセプチュアル・アートの世界に飛び込んだヨーコ(1933-)。1961年には既に、ニューヨークのカーネギーホールでパフォーマンスを行っています。
下の写真は、初のコンサートである「オノ・ヨーコの作品」のプログラムなど↓

f:id:UncleAlbert:20201111123127j:image

ジョン・ケージのパフォーマンスへの参加や、カット・ピースなど自身の独創的なパフォーマンス(観客をステージに上げて彼女の衣装にハサミを入れさせた)により、ジョンと出会う前からヨーコは、アーティストとして一定の評価を得ていました↓

f:id:UncleAlbert:20201111123233j:image

一方、イギリスの港町・リバプールで生まれたジョン(1940-1980)。幼い頃に両親は離婚、叔母である

ミミのもとで育った彼は、やがてポール・マッカートニージョージ・ハリスン等とバンドを組み、1962年にはリンゴ・スターを加えてザ・ビートルズとしてレコード・デビュー。ヒット曲を連発して世界のアイドルになります。
下の写真は、ジョンが少年時代に描いた絵や、ビートルズ時代の作品「イン・マイ・ライフ」の手書きの歌詞など↓

f:id:UncleAlbert:20201111123345j:image

対してヨーコは1964年、詩集「グレープフルーツ」を出版↓

f:id:UncleAlbert:20201111123430j:image

f:id:UncleAlbert:20201111123452j:image

「Imagine one thousand suns in the sky at the same time(想像しなさい、千の太陽が同時ににのぼるところを)」。
後にジョンの代表曲となる「Imagine(イマジン)」のインスピレーションを、彼はこの「グレープフルーツ」から得たと明言しており、実際にヨーコは2017年、同曲の共作者であることが認定されています。

1966年、ヨーコはニューヨークからロンドンに渡り、インディカギャラリーで個展「未完成の絵画とオブジェ」を開催↓

f:id:UncleAlbert:20201111123558j:image

この時ジョンが同展の内覧会を訪れたことで、2人は出会います。
会場には、入場者がそれぞれ自由にキャンバスに釘を打つことで最終的に作品として完成するという「釘を打つための絵」という作品が展示されていました。
ジョンは、釘を打たせて欲しいと願い出ましたが、その日は正式オープン前の内覧会だったためヨーコは断ります。
ビートルズのメンバーからの依頼を断ったことにジョンは少し驚いたようですが、すぐに機転を利かせ「それじゃあ、想像のお金を払うから、想像の釘を打っていいか」とたずねたそうです。

こちらは、同展でも展示された「天井の絵」という作品の再現↓

f:id:UncleAlbert:20201111123619j:image

はしごを登り↓

f:id:UncleAlbert:20201111123640j:image

吊るされた虫眼鏡で天井のキャンバスを覗き込むと↓

f:id:UncleAlbert:20201111123705j:image

そのには、小さな文字で「YES」。
ジョンはこの「YES」というポジティブな言葉に、いたく感動したようです。

1966年の北米ツアーをもって全てのツアー活動を中止していたビートルズは、1967年、ロック・アルバムの最高傑作とも言われる「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」をリリース。同アルバムの録音期間、ヨーコの個展にジョンが資金援助するなどして、2人の距離は縮まっていきます。

下の写真は「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」のレコード、1967年9月にリバプールで開催されたヨーコのイベント「ミュージック・オブ・ザ・マインド」のポスターなど↓

f:id:UncleAlbert:20201111123811j:image

翌1968年5月、ジョンは妻シンシアの旅行中にヨーコを自宅に招き入れました。以後2人はともに暮らし始め、ジョンとシンシアは11月に離婚。この初めての夜に2人で録音したのが、のちにアルバムとして発表される「未完成作品第一番トゥー・ヴァージンズ」です。全裸で写る2人の写真を使ったアルバム・ジャケットが、物議をかもしました。

f:id:UncleAlbert:20201111123836j:image

ジョン「最も端的で、美化していない写真を選んだんだ。僕たちも人間だってことを示すために」。こうして、ジョンとヨーコの波瀾に満ちた旅が始まったのです。


というわけで、次回『「DOUBLE FANTASY -John & Yoko」2Give Peace a Chance(平和を我等に)』に続きます。


■DOUBLE FANTASY – John & Yoko(ダブル・ファンタジー ジョン・アンド・ヨーコ)
会期 令和2年10月9日(金) ~ 令和3年年1月11日(月祝) 予定
場所 東京都港区六本木5-6-20 ソニーミュージック六本木ミュージアム
時間 日~木10時~18時、金・土:10時~20時、11月3日 (火祝) と23日(月祝) 18時まで、1月11日1/11 (月) 20時まで(いずれも入場は閉館時間の30分前まで)
通常チケット料金(税込)
前売券 一般2,500円、大学専門学校生2,000円、中高校生1,000円 
当日券 一般2,600円、大学専門学校生2,100円、中高校生1,100円
※小学生以下は無料
障がい者は各半額(窓口で障がい者手帳提示
※そのほか各種特典付チケットあり
主催 株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント、株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ
メディアパートナー 朝日新聞社

DOUBLE FANTASY – John & Yoko(ダブル・ファンタジー ジョン・アンド・ヨーコ)

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント

ソニーミュージック六本木ミュージアム

ザ・ビートルズ THE BEATLES - UNIVERSAL MUSIC JAPAN

はてなブログ

劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」鑑賞2回目・煉獄さん全集中

こんにちは。
アメリカ大統領選挙、どうやら民主党バイデン元副大統領の勝利となりそうですね。トランプ大統領、敗北宣言無しにホワイトハウスを去るのでしょうか。

さて、茨城県筑西市とは関係ありませんが・・・
筑西市のお隣・下妻市にあるイオンモール下妻のイオンシネマ下妻で、劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」を観て来ました↓

 f:id:UncleAlbert:20201108212556j:plain

実はこの映画を観るのは、これで2回目。はい、そうです。今更ですが「鬼滅」にはまっています。
最初に観た時は、諸事情から お一人様での鑑賞となってしまたのですが、今回は晴れて(?)子どもと揃って来場出来ました。

この劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」は、日本のみならず台湾でも大人気のようです。10月30日から上映が始まり、初日から3日間の興行収入が1.17億台湾ドル(約4.3億円)、累計動員数約47万人を記録。「アナと雪の女王2」「君の名は。」を超えて、台湾でのアニメ映画初動興行収入歴代1位となったとのことです。すごいですね。

 f:id:UncleAlbert:20201108212640j:plain

2度目の鑑賞とあって、若干余裕のわたくし臣(しん)。前回記事にも、会場ですすり泣く声が聞こえたと書きましたが、今回も同様に子どもたちが(大人も?)泣いていました。そして、ふと隣の席を見ると、うちの子どもも涙目でした・・・。

鬼の首を落とすなど少々グロテスクで過激なシーンがあるため、小さな子に見せるのはいかがなものかという意見も一部にあるようです。
確かにそういった一面はありますが、姿形が消えてなくなる寸前まで「生」への執着と炭治郎たちへの怨みを吐きつづける鬼・魘夢(下弦の壱)と、「死」を恐れることなく「ここにいる者は誰も死なせない」と列車の乗客を守り抜こうとする煉獄さんの鮮やかな対比で、「生きる」ことの意味を考えさせられる映画になっているのではないでしょうか。

なお、前回は豪華版しかパンフレットの残部が無い言われましたが、再入荷したそうで、通常版を購入できました↓

 f:id:UncleAlbert:20201108212822j:plain

禰豆子

 f:id:UncleAlbert:20201108212855j:plain

煉獄さん・・・

 f:id:UncleAlbert:20201108212930j:plain

ところで、週刊少年ジャンプで発表された第2回キャラクター人気投票では、善逸が1位に輝いたそうです。ちょっと意外でしたが、うちの子に好きなキャラクターを聞いてみたところ、やはり善逸でした(理由は面白いから)。

ちなみにパンフレットと一緒に買った、何が当たるか開封してみないとわからないピンバッチ↓

 f:id:UncleAlbert:20201108213008j:plain

開けてみたところ↓

 f:id:UncleAlbert:20201108213032j:plain

善逸でした・・・。


というわけで、劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」、みなさんはもうご覧になりましたか?


■劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」
ストーリー/蝶屋敷での修業を終えた炭治郎たちは、次なる任務の地「無限列車」に到着する。そこでは、短期間のうちに四十人以上もの人が行方不明になっているという。禰豆子を連れた炭治郎と善逸、伊之助の一行は、鬼殺隊最強の剣士である「柱」のひとり、炎柱の煉獄杏寿郎と合流し、闇を往く「無限列車」の中で、鬼と立ち向かうのだった。

【スタッフ】
原作/吾峠呼世晴集英社ジャンプ コミックス刊)、監督/外崎春雄、キャラクターデザイン・総作画監督松島晃、脚本制作/ufotable、サブキャラクターデザイン/佐藤美幸・梶山庸子・菊池美花、プロップデザイン/小山将治、コンセプトアート/衛藤功二・矢中勝・樺澤侑里、撮影監督/寺尾優一、3D監督/西脇一樹、色彩設計/大前祐子、編集/神野学、音楽/梶浦由記 椎名豪、主題歌/LiSA「炎」(SACRA MUSIC)、アニメーション制作/ufotable、配給/東宝アニプレックス
【キャスト】
竈門炭治郎/花江夏樹、竈門禰豆子/鬼頭明里、我妻善逸/下野紘、嘴平伊之助/松岡禎丞、煉獄杏寿郎/日野聡、魘夢(下弦の壱)/平川大輔


劇場版 鬼滅の刃 無限列車編 公式サイト
鬼滅の刃ポータルサイト

イオンモール下妻

はてなブログ

六本木ヒルズとテレビ朝日

こんにちは、みなさんお元気ですか?
アメリカ大統領選挙、混迷の度合いが深まってきそうですね。今後どうなるのでしょうか?

さて、茨城県筑西市とは関係ありませんが・・・
10月下旬、東京六本木に行って来ました↓

f:id:UncleAlbert:20201107062709j:image

ある展覧会を観るために訪れたのですが、その内容は次回以降記事にすることにして、めったに行かない都会の風景をご紹介したいと思います。

東京メトロ日比谷線六本木駅を降りると、長いエスカレーターが待っていました↓

f:id:UncleAlbert:20201107060153j:image

エスカレーターを登りきった所に現れたのは、この高いビル↓

f:id:UncleAlbert:20201107060223j:image

そうです、ここは六本木ヒルズ
このビルは、54階建、高さ238mの森タワーです↓

f:id:UncleAlbert:20201107060257j:image

六本木ヒルズは、東京都港区六本木の都市再開発事業として計画され、平成15年に森ビルが開業した複合商業施設。計画の立案後には、バブル崩壊や住民の反対運動などの紆余曲折があり、完成までに17年の歳月を要したそうです。

森タワーの前で、巨大な蜘蛛のオブジェを発見↓

f:id:UncleAlbert:20201107060322j:image

パリ出身のアーティスト、ルイーズ・ブルジョワさんの作品だそうです。

こちらは、テレビ朝日

f:id:UncleAlbert:20201107061204j:image

さすがはテレビ局、大きな社屋です。ここで毎日働くのは、どんな気分なんでしょう。そういえば、うちの子どもが好きな「ドラえもん」も「クレヨンしんちゃん」も、放送はテレビ朝日系です。

テレビ朝日とその前にある毛利庭園↓

f:id:UncleAlbert:20201107060356j:image

実はこのテレビ朝日周辺は、吉良邸家討ち入りに加わった赤穂浪士47人のうち、10人が預けられた長府藩毛利家上屋敷があった場所。長府藩毛利家は萩藩毛利家の分家で、毛利元就の孫秀元が甲斐守に任され、幕末までこの地に上屋敷が存在したそうです。

f:id:UncleAlbert:20201107061115j:image

昭和30年には毛利甲斐守邸跡として東京都旧跡に指定されましたが、六本木ヒルズ整備の際、池などは保存のため埋められ、その上に現在の毛利庭園が築かれたとの事です。

六本木ヒルズには他にも、森美術館や森ビル展望台、イルミネーションで有名なけやき坂など、色々と有名スポットがあるようなのですが、今回の目的は展覧会なのでスルーさせていただき、早足で展覧会場へ。目指す展覧会とは「DOUBLE FANTASY -John & Yoko」です↓

f:id:UncleAlbert:20201107061305j:image

というわけで、次回『「DOUBLE FANTASY -John & Yoko」1生い立ちと出会い』に続きます。


六本木ヒルズ 

 

「おはぐろそば」と羽黒神社東参道

こんにちは、みなさんお元気ですか?

11月3日に投票が始まったアメリカ大統領選挙、どうやら接戦になりそうですね。トランプ氏、バイデン氏、果たしてどちらが勝つのでしょうか?

 
さて、話は変わって・・・
本日ご紹介するのはこちら、「おはくろそば」さんです↓


f:id:UncleAlbert:20201104123740j:image

場所は、しもだて地域交流センター・アルテリオの西側の、先日記事にさせていただいたあじさいラーメンさんと同じ通り沿いにあります。名前の「おはぐろ」は、すぐ近くにある大町の羽黒神社からとったものでしょう。
以前から気になってはいたのですが、店に入るのは今回が初めてです。

店内の様子↓

f:id:UncleAlbert:20201104125907j:image

そしてメニューです↓

f:id:UncleAlbert:20201104125939j:image

普通のそばにするかちょっと迷って、お腹が空いていたこともあり、天ぷらそばを注文しました↓

f:id:UncleAlbert:20201104130025j:imagef:id:UncleAlbert:20201104130112j:imagef:id:UncleAlbert:20201104131053j:image

美味しかったので、またお邪魔したいと思います。

ちなみに、先に「おはぐろ」の名は羽黒神社からきていると書きましたが、すぐ近くには神社東参道があり、ここを登ると、あっという間に羽黒神社の境内です。
羽黒神社東参道の碑↓

f:id:UncleAlbert:20201104131422j:image

f:id:UncleAlbert:20201104131449j:image

大詔奉載記念 昭和十六年十二月

f:id:UncleAlbert:20201104131530j:image

緑風館竣工記念 昭和二十六年三月

f:id:UncleAlbert:20201104131553j:image

根岸町

f:id:UncleAlbert:20201104132230j:image

f:id:UncleAlbert:20201104132311j:image

というわけで、「おはぐろそば」さんのご紹介でした。


■おはぐろそば
茨城県筑西市甲(根岸町)39-4
JR下館駅から徒歩7分
午前11時30分~午後2時、午前5時8時~(月~土曜)
日曜定休
TEL0296-24-8064


しもだて地域交流センター・アルテリオ

はてなブログ

ジョージ・ハリスン「アップル・イヤーズ 1968-75」初回生産限定盤

こんにちは、みなさんお元気ですか?

さて、ここ茨城県筑西市とは関係ありませんが・・・
最近頻繁に記事を書いている、わたくし臣(しん)のBeatlemania(ザ・ビートルズ好き)な日々のお話です。

これまでも、ポール・マッカートニー「フレイミング・パイ デラックス・エディション」やジョン・レノン「ギミ・サム・トゥルース」など、元ビートルズによるソロ作品を記事にさせていただきましたが、今回は3人目のビートルであるジョージ・ハリスンの作品です。
ジョージの作品をご紹介するのは、「コンサート・フォー・ジョージ(ギター・フィギュア付リミテッド・エディション)」以来。そして、こちらがその作品「アップル・イヤーズ THE APPLE YEARS 1968-75」です↓

f:id:UncleAlbert:20201102015942j:image

f:id:UncleAlbert:20201102021834j:image

平成13年(2001年)に癌のため59歳で亡くなったジョージがアップル時代に残した6作品(7CD)のリマスター盤に、未発表映像で構成された7分の新作フィルムを含むDVDや、ジョージの子ダーニ・ハリスンの序文、未発表画像を掲載した書籍などが収められた豪華BOXセットです。

収録された6作品がこちら↓


「不思議の壁 Wonderwall Music」(1968年)

f:id:UncleAlbert:20201102020157j:image
電子音楽の世界 Electronic Sound」(1969年)↓

f:id:UncleAlbert:20201102020301j:image

「オール・シングス・マスト・パス All Things Must Pass」(1970年、全米1位・全英1、2CD)↓

f:id:UncleAlbert:20201102020328j:image

リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド Living In The Material World」(1973年、全米1位・全英2位)↓

f:id:UncleAlbert:20201102020355j:image

「ダーク・ホース Dark Horse」(1974年、全米4位)↓

f:id:UncleAlbert:20201102020455j:image

ジョージ・ハリスン帝国 Extra Texture」(1975年、全米8位、全英16位)↓

f:id:UncleAlbert:20201102020422j:image

なおこの「アップル・イヤーズ1968-75」は、先にリリースされていた「ザ・ダーク・ホース・イヤーズ1976-92」と対を成すもので、両作品ともに監修はダーニ・ハリスン。この2つのBOXセットを揃えると、ジョージ主宰の「バングラデシュ・コンサート(The Concert for Bangla Desh)」や死後発表された「ブレインウォッシュド(Brainwashed)」、覆面バンド(ということになっている)トラヴェリング・ウィルベリーズの作品などを除く、ジョージのソロ・アルバムが網羅できます。

ちなみに、今でこそ「アップル」と言えば、iPhoneMacなどで有名な故スティーブ・ジョブズが創設したコンピュータ関連企業を指すことが多いですが、ここで言う「アップル」とは、1968年にビートルズによって設立されたアップル・レコード及びレーベルのことです。


というわけで、ジョージ・ハリスン「アップル・イヤーズ1968-75」のご紹介でした。


ジョージ・ハリスン
1943年、イギリス・リバプール生まれ。元ビートルズのリードギタリスト。ビートルズ解散後は、大ヒットしたアルバム「オール・シングス・マスト・パス」などソロでも活躍。2001年、癌のため死去。

ザ・ビートルズ(The Beatles)
1960年代に活躍したイギリスのロック・バンド。メンバーは、ジョン・レノンポール・マッカートニージョージ・ハリスンリンゴ・スターの4人で、全員が港町リバプールの出身。


ジョージ・ハリスン George Harrison - UNIVERSAL MUSIC JAPAN
ザ・ビートルズ THE BEATLES - UNIVERSAL MUSIC JAPAN