特別講演「波山忌に想いをよせて」(板谷波山記念館 秋季特別展「陶片ー創作のかたわらに」)

こんにちは、みなさんお元気ですか?

記事にするのが遅くなりましたが・・・ ただいま茨城県筑西市にある板谷波山記念館では、秋季特別展「陶片ー創作のかたわらに」を開催しています。
その記念館で、波山先生の命日である10月10日、同展の関連イベントとして特別講演「波山忌に想いをよせて」が行われました。

こちらが、板谷波山記念館です↓

f:id:UncleAlbert:20211022064510j:image

会場となった、記念館作業棟↓

f:id:UncleAlbert:20211022064517j:image

大勢の人が集まりました↓

f:id:UncleAlbert:20211022083559j:image

実はこの作業棟内には、東京・田端の波山邸から移築した三方焚口倒焰式丸窯(夫婦窯)や作業机などが展示されています。

さて、特別講演のはじまりです。
司会進行は、今年度(令和3年度)から波山記念館に勤務する橋本空樹(はしもとうつき)学芸員

f:id:UncleAlbert:20211022064939j:image

お話を聞かせてくださったのは、下館の事なら何でもご存知、下館・時の会の一木努会長(左)と、波山研究の第一人者、学習院大学の荒川正明教授(右)です↓


f:id:UncleAlbert:20211022065014j:image

お二人は現在、筑西市が発行する広報筑西Peopleに、波山先生のエピソードや作品解説を連載されています。
最初に登壇された一木会長は、広報筑西Peopleで紹介したエピソードを更に詳しく、加えて波山先生の晩年の様子など、興味深い話の数々を披露されました。

例えばこの、People令和3年5月1日号に掲載された波山先生の家族写真↓

f:id:UncleAlbert:20211022065122j:image

明治5年生まれの波山先生が6歳の時のもので、確認できる中では下館で一番古い写真だそうです。

他にもPeople令和3年6月1日号に掲載の、学生時代に答案用紙に書いた波山先生最古の署名↓

f:id:UncleAlbert:20211022074437j:image

f:id:UncleAlbert:20211022074931j:image

来年開催される「板谷波山生誕150年記念特別展」に実物が展示されるそうです。


続いて荒川教授は、日本の焼き物の歴史における波山先生の存在について↓

f:id:UncleAlbert:20211022075210j:image

*以下、おぼろげな記憶を呼び起こして書きます。教授のお話の趣旨と違っていたら申し訳ありません↓

焼き物は江戸時代まで、何十人の職人の手により大量生産されていました。江戸時代末に横浜が開港すると、西欧への輸出用に焼き物が量産されるようになり、これを横浜焼と呼んだそうです。
このように大勢の職人の手を通して大量生産されていた当時の焼き物に対して、波山先生は、個人で窯を持ち、芸術としての焼き物を追求しました。日本の焼き物を芸術にまで昇華させた、最も初期の一人が波山先生なのです。

荒川教授はまた、来年、しもだて美術館板谷波山記念館、廣澤美術館の3館合同で開催予定の「生誕150年記念特別展」についても、現在準備が着々と進んでいる旨、お話いただきました。


そして最後に、田端の波山先生邸から発掘された陶片の実物が登場↓


f:id:UncleAlbert:20211022075351j:image

残念ながら、わたくし臣は所用のためここで退席させていただきましたが、参加者のみなさんはこの後、下館のまちを散策しつつ、妙西寺にある波山先生のお墓へお参りに行かれました。


というわけで、板谷波山記念館 秋季特別展「陶片ー創作のかたわらに」関連イベント、特別講演「波山忌に想いをよせて」のお話でした。
なお、筑西市では来年(令和4年)、「板谷波山生誕150年記念特別展」を開催予定です。名品が一堂に集まる特別展に、ぜひご来場ください!


板谷波山記念館 秋季特別展「陶片ー創作のかたわらに」
会期 令和3年10月9日(土)~12月5日(日)*月曜日のみ休館
開館時間 午前10時~午後6時(入館は5時30分まで)*最終日は5時閉館(入館は4時30分まで)
入館料 一般210円/団体(10名以上)160円/高校生以下無料 *本展会期中のしもだて美術館入館券半券を提示すると100円で入館可
主催 板谷波山記念館
企画協力 公益財団法人波山先生記念会/下館・時の会
問合せ 筑西市田町甲866-1TEL0296-25-3830

■特別講演「波山忌に想いをよせて」
板谷波山の命日に追悼特別講演
日時 10月10日(日)午後2時~
会場 板谷波山記念館作業棟
講演者 荒川正明(学習院大学教授)、一木努(下館・時の会会長)
定員 20名
参加無料 ただし、要当日有効入館券
*事前申し込み(板谷波山記念館TEL0296-25-38303まで)

■ギャラリートーク+陶片に触れてみよう!
日時 開催中の第2第4土曜日(10/9、10/23、11/13、11/27)午前2時~
参加無料 ただし、要当日有効入館券
*申込み不要


板谷波山記念館ホームページ
筑西市公式ホームページ

はてなブログ