板谷波山記念館が公式ホームページをリニューアル

こんにちは、みなさんお元気ですか?

ここ茨城県筑西市出身で、近代陶芸の先駆者である陶聖・板谷波山先生。その足跡を伝え、功績を顕彰するために筑西市が設置する板谷波山記念館のホームページが、先日リニューアルされました。

こちらが新しいホームページです↓

f:id:UncleAlbert:20210925185423j:image

f:id:UncleAlbert:20210925185452j:image

f:id:UncleAlbert:20210925185531j:image

記念館について

近代日本の陶芸界が生んだ不世出の陶芸家・板谷波山(1872-1963)

板谷波山記念館が建つ下館は、波山が生まれ育った町です。東京に工房を構え陶芸家として飛躍を遂げて行く波山でしたが、常に郷里を深く想い、惜しみない愛情を注いでいました。
板谷波山記念館には、田端の工房で実際に使われていた三方焚口の倒焔式丸窯(田端より移築)や、ロクロ台、各種の型類や道具など、波山芸術の生まれた場が保存されています。
展示室には、麗しい作品のほか、道具類・素焼・陶片などの制作の様子がうかがえる様々な資料、波山による掛軸や素描など、ここでしか見られない貴重な展示品があります。

f:id:UncleAlbert:20210925185621j:image

f:id:UncleAlbert:20210925185640j:image

指定管理者ごあいさつ

板谷 駿一(公益財団法人波山先生記念会理事長/板谷波山・孫)

筑西市と市民の皆様のご支援で、波山先生記念会が財団として60年近くも続いてきたことを、ありがたく、嬉しく思っております。
私どもの役割は、指定管理者として板谷波山記念館を、みんなに親しまれ、愛される魅力的な施設にすることだと考えています。
記念館には、波山作品や道具類、ゆかりの品々、波山陶芸にかかわる資料・映像など沢山あります。神林コレクションなども、寄贈者は、筑西市に寄付し、その上で、波山記念館での展示を望んでいました。
しかし、残念ながらこれらの資料を安全安心に展示できるスペースがありません。この課題を解決し、美しく、興味深い展示物や物語が充分に溢れ、豊かな、幸せを感じる記念館にしたいと願っています。
また波山は、ふるさと筑西をこよなく愛し、多くの市民と親しく交流し、誰に対しても丁寧で、やさしい人でした。しかし、けっして堅苦しい人ではなく、ユーモアを好み、「いたずら好き」でさえありました。人間波山について、また波山を育んだ筑西の歴史や文化についても、スペースを得て、充分に紹介したいと願っています。       
来年2022年は、波山の生誕150年に当たります。私どもは、力を尽くし、波山記念館を発展させる良い機会にしたいと考えています。どうぞ、ご指導とご支援をよろしくお願いします。

f:id:UncleAlbert:20210925185751j:image

2022年は板谷波山生誕150周年

2022年は板谷波山生誕150年という記念の年を迎えます。
波山へのお祝いの意を込め、筑西市では生誕150年記念特別展を開催予定です。
名品が一堂に集つまるこの機会に、どうぞご期待ください!
*詳細については別途HPにて公開いたします。しばらくお待ちください。

f:id:UncleAlbert:20210925185803j:image

板谷波山記念館

〒308-0021
茨城県筑西市田町甲866-1
TEL 0296-25-3830
開館時間10︰00~18︰00
(入館は17︰30まで)
休館日︰毎週月曜日・年末年始
(12月28日~1月4日)
※休日の場合はその翌日


というわけで、リニューアルした波山記念館ホームページが、今後たくさんの情報を発信してくれることを期待しております。


板谷波山記念館ホームページ