シン・エヴァンゲリオン劇場版:||

こんにちは、みなさんお元気ですか?

 

さて、茨城県筑西市とは関係ありませんが・・・
筑西市のお隣・下妻市にあるイオンモール下妻のイオンシネマ下妻で、「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」を観て来ました↓

f:id:UncleAlbert:20210425171406j:image

上のポスターには1月23日公開とありますが、新型コロナの影響で、実際の公開日は3月8日でした。

訪れたのは、いつものイオンシネマ下妻↓

f:id:UncleAlbert:20210408220128j:plain

f:id:UncleAlbert:20210408220218j:plain

実はエヴァ世代ではなく、ガンダム世代ですらなく、宇宙戦艦ヤマト世代のわたくし臣(しん)。新幹線変形ロボ・シンカリオン経由でエヴァにハマるという、稀有な道を歩んできましたが、遂にそのエヴァも完結です。

こちらは、パンフレット(の包装と内容の一部)↓

f:id:UncleAlbert:20210408220322j:plain

f:id:UncleAlbert:20210408220405j:plain

エヴァといえば、やっぱりアスカでしょう(諸説あり)↓

f:id:UncleAlbert:20210408220452j:plain

もはや別人のミサトさん

f:id:UncleAlbert:20210408220545j:plain

 f:id:UncleAlbert:20210408220631j:plain

さて肝心の映画ですが、冒頭にこれまでの新劇場版シリーズ3作「序」「破」「Q」のダイジェストが3分ほど流れ、その後、本編に突入。荒廃して赤く染まったパリでの市街戦からスタートします。
ネタバレ厳禁のため詳細は書きませんが、これまで四方八方に広がった伏線を回収しつつ、大団円を迎えます。
1回観ただけでよく理解できていない部分もあるのですが、とりあえず結末はハッピーエンド(だと思います)。圧倒的に救いの無い物語だと思っていたエヴァが、こんな形で終わるとは・・・。

今後、様々な方面から様々な反響があるでしょうが、わたくし臣としては、見終わって前向きな気持ちになれるエンディングでした。


というわけで、映画「シン・エヴァンゲリオン」、チャンスがあればもう一度観てみたいと思います。


■シン・エヴァンゲリオン劇場版:||
総監督 庵野秀明
監督 鶴巻和哉 中山勝一 前田真宏
原作・脚本 庵野秀明
製作総指揮 庵野秀明 緒方智幸
出演 緒方恵美 林原めぐみ 宮村優子 坂本真綾 三石琴乃 山口由里子 石田彰 立木文彦 清川元夢
音楽 鷺巣詩郎
主題歌 宇多田ヒカル「One Last Kiss」「Beautiful World (Da Capo Version)」
撮影 福士享
編集 辻田恵美
製作会社 カラー
配給 東宝 東映 カラー
公開 令和3年3月8日
時間 155分


エヴァンゲリオン公式サイト