ひがの製菓さんの二宮尊徳(金次郎)像

こんにちは、みなさんお元気ですか?
政府は新型コロナウイルスの感染拡大受けて、札幌・大阪市に加え、東京と名古屋市もGoToトラベル一時停止の対象とするよう調整に入ったそうです。一日も早いコロナ終息を願います。

さて、わたくし臣(しん)が住む茨城県筑西市では、江戸時代末に飢饉などで窮乏していた下館藩が、桜町陣屋(真岡市)に赴任していた二宮尊徳(金次郎)に教えを請い、尊徳自らが編み出した報徳仕法により村々の復興事業が行われました。

つまり筑西市は尊徳ゆかりの地。そのため市内には、全ての小中学校のほか、多くの尊徳像が存在します。
これまでにも、ばんどう太郎下館店さんなど、尊徳像のある場所を何ヵ所かご紹介させていただきましたが・・・
今回はこちら、筑西市蓮沼にある「ひがの製菓株式会社」さんです↓

f:id:UncleAlbert:20201213110757j:image

ひがの製菓さんは、昭和13年に下館町(当時)で創業された老舗の製菓会社。現在は、お菓子の製造、卸、小売及びコンサルティング業務まで幅広く行っているようです。

そしてこちらが、店舗前に建つ薪を背負った尊徳(金次郎)です↓

f:id:UncleAlbert:20201213110952j:image

尊徳像の台座には、「積昭和為大」のプレートが埋め込まれていました↓

f:id:UncleAlbert:20201213111442j:image

【積小為大】
大事をなさむと欲せば
小なる事を怠らず勤むべし
小積もりて大となればなり
およそ小人の常
大なることを欲して小なることを怠り
出来難き事を憂いて
出来易く(き?)事を勤めず
それゆえ 終に
大なる事をなすことを能わず

「積小為大(せきしょういだい)」とは、尊徳の言葉。小さい事が積み重なって大きな事になる。だから、大きな事を成し遂げよう思うなら、小さい事をおろそかにしてはいけない、という意味です。


なおここには、看板商品の手焼きせんべいやこわれせん、無選別菓子「もったいない本舗」の小売直売を行う「せんべいのおまつり本舗ひがの屋」も併設されています↓

f:id:UncleAlbert:20201213111858j:image


f:id:UncleAlbert:20201213112123j:image

手作りせんべい(七味)、かりんとう、揚げ餅(しお)の3袋を購入しました↓

f:id:UncleAlbert:20201213112530j:image

美味しかったです。


というわけで、ひがの製菓株式会社さんの二宮尊徳(金次郎)像でした。

 

■ひがの製菓株式会社
茨城県筑西市蓮沼1535-18
TEL0296-57-3511


ひがの製菓株式会社

厚生労働省