映画「ドラえもん のび太の新恐竜」観賞3回目

こんにちは、みなさんお元気ですか?

さて、茨城県筑西市とは関係ありませんが・・・
先週、筑西市のお隣・下妻市にあるイオンモール下妻のイオンシネマ下妻で、映画「ドラえもん のび太の新恐竜」を観て来ました↓

f:id:UncleAlbert:20200919224934j:image

実はこの「新恐竜」を観るのは、これで3回目です。最初に観た時に子どもがかなり感動したようで、号泣。「また観たい、また観たい」ということで、3度目の来場となりました。

f:id:UncleAlbert:20200919224949j:image

今作はドラえもん連載50周年記念作品で、なおかつ昭和55年(1980)の映画第1作「のび太の恐竜」から通算第40作目となる作品。
3月6日封切り予定でしたが、新型コロナウイルスのため延期となり、入場自治体の検温と手の消毒、場内ではマスク着用のうえ席1つ分を開けて座るなどの対策を施して、8月7日(金)公開となったものです。

「新恐竜」というタイトルからも解るように今作は、映画第1作「のび太の恐竜」、第26作「のび太の恐竜2006」に続く恐竜もの。近頃のドラえもん映画は大人でも感動するような作品が多く、今作も十分楽しませていただきました。

そして、入場時にも1人一冊もらえる「まんがBOOK」・・・
さすがに3回見たおかげで、全5種類コンプリートできました↓

f:id:UncleAlbert:20200919225018j:image

ちなみに、来年公開の映画ドラえもんは宇宙を舞台にした作品になるようですが、その前に3DCGアニメの第2弾「STAND BY ME ドラえもん2」が公開となるとのこと。こちらも楽しみです。


というわけで、3回目の映画「ドラえもん のび太の新恐竜」のお話でした。


■映画「ドラえもん のび太の新恐竜」
ストーリー:のび太が恐竜博の化石発掘体験で見つけた1つの化石。「絶対に恐竜のたまごだ」と信じたのび太が、ドラえもんひみつ道具タイムふろしきで化石を元の状態に戻すと、生まれたのは双子の恐竜。しかも、未発見の新種だった。のび太に似てちょっと頼りないキューと、おてんばなミュー。親のように愛情たっぷりに育てるのび太だったが、やがて2匹が現代で生きていくには限界がきてしまう。キューとミューを元の時代に返すことを決心したのび太は、ドラえもんや仲間たちと共に6600万年前へ。キューやミューの仲間の恐竜たちを探す旅がはじまった。
監督:今井一暁
声の出演:水田わさび 大原めぐみ かかずゆみ 木村昴 関智一 木村拓哉
渡辺直美 神木隆之介

 

ドラえもん公式サイト ドラえもんチャンネル

映画「ドラえもん のび太の新恐竜」公式サイト

ドラえもん テレビ朝日

 

 

イオンモール下妻

厚生労働省

はてなブログ