下館ラーメン・たまや食堂さんのラーメン

こんにちは。
新型コロナウイルスの感染が拡大しています。3密を避けて、みんなでコロナウイルス禍を乗り越えましょう。

さて、話は変わって・・・
茨城県筑西市のご当地ラーメン、下館ラーメンをいただいたのでご紹介します。
今回の下館ラーメンの店は、親子2代で営む名店・たまや食堂さんです。新型コロナウイルス感染防止の意味も含めて、出前をお願いしました。

こちらが、ラーメン650円です↓

f:id:UncleAlbert:20200808011228j:image

シンプルかつ味わい深い、たまや食堂さんのラーメンもまた、まさしく下館ラーメンのひとつ。美味しかったです。
写真では隠れて見えませんが、もちろん鶏チャーシューも乗っています。

f:id:UncleAlbert:20200808011310j:image

実は、たまや食堂さんで人気のメニューには、若鶏の胸肉を使われた鶏チャーシューをこれでもかと乗せた鶏チャーシューメンや、とっても具だくさんのワンタンメンなどがあるのですが、今回はブログ初登場という事で、基本メニューのラーメン(650円)をいただきました。
次回はお店にうかがって、チャーシューメンかワンタンメンをいただきたいと思います。


というわけで、下館ラーメン・たまや食堂さんのラーメンでした。


■たまや
茨城県筑西市甲342
電話:0296-22-2670
営業:午前11時30分~午前7時
日曜定休

■下館ラーメンとは
関東有数の商都であった下館(合併して筑西市)では、多忙な商人たちが食事もままならず出前を取ることが多かった。中でもラーメンについては、不規則な商人の食事時間を考慮して、時間がたっても美味しさが損なわれない独特の麺を使った出前文化が発達した。そしてもうひとつ、戦後間もない昭和20年代、まだ高価だった豚肉を使わず、比較的安価の鶏肉を使ったことが、現在も脈々と受け継がれる下館ラーメンを形作った。
①時間がたっても美味しさが損なわれにくい中細ちぢれの少加水麺
②鶏がらと地場産野菜をベースに濃口醤油の合わせを使ったスープ
③鶏肉を使った鶏チャーシュー
これが下館ラーメンの特徴である。


下館ラーメン学会
筑西市観光協会

厚生労働省