令和2年 勤行川の桜づつみ

こんにちは。
新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。1日も早い収束を祈ります。

さて話は変わって・・・
開設当初から、茨城県筑西市に咲く桜をご紹介してきたブログ筑西歳時記。昨日4月4日、わたくし臣(しん)が市内で一番好きな桜スポットである、勤行川桜づつみに行ってきたので記事にさせていただきます↓

f:id:UncleAlbert:20200405121224j:image

勤行川桜づつみは、筑西市を流れる勤行川(五行川)の堤防を桜並木として整備したもの。記事にするのは平成26年以来ですが、わたくし臣(しん)は、ほぼ毎年桜を見に来ています↓

f:id:UncleAlbert:20200405121321j:image

残念ながら、今年は満開を過ぎていましたが、それでもまだ綺麗に咲いていました↓

f:id:UncleAlbert:20200405121638j:plain

こちらが勤行川(五行川)です↓

f:id:UncleAlbert:20200405122044j:plain

秋になるとこの堰を、遡上してきた鮭がジャンプして飛び越える姿を見ることができます。

河川改修の記念碑↓

f:id:UncleAlbert:20200405123256j:plain

ごんぎょうかわ
河川改修事業完成記念碑
平成7年11月
茨城県知事 橋本昌
と、記されています。

碑は他にもあります。
こちらは、ここが女子競歩の元オリンピック代表・川崎真裕美選手の練習コースであったことから建てられた「五輪への道」の碑↓

f:id:UncleAlbert:20200405123400j:plain

また、今回写真はありませんが、筑西市出身の洋画家・森田茂先生(文化勲章受章者)の顕彰碑も建っています。

桜づつみには、およそ200本の桜が植えられています↓

f:id:UncleAlbert:20200405124131p:plain

f:id:UncleAlbert:20200405124916j:plain

f:id:UncleAlbert:20200405123827j:plain

一部ですが桜が枯れてしまい、新しく植えられた所もあるようです↓

f:id:UncleAlbert:20200405124816p:plain

勤行川桜づつみが、桜の名所、そして憩いの場として、永く市民に愛されることを願っています。


というわけで、勤行川桜づつみのご紹介でした。


■このブログで紹介したことのある筑西市内の桜
下館町役場跡(羽黒山清瀧寺跡)の桜
筑西市合併1周年記念の桜
積善院の枝垂桜
さわやかロードのしだれ桜
船玉の桜
勤行川桜づつみ
観音院のしだれ桜
延命寺のしだれ桜
延命寺のしだれ桜(ライトアップ)
母子島遊水地の桜
明野公民館の桜、明野薪能開催記念の桜
大谷川の桜と菜の花
県西総合公園の桜
二所神社の桜
下館駅南の桜並木ライトアップ
黒子駅の桜
布川神社の桜
筑西市役所下館庁舎(旧下館市役所本庁舎)の桜
うわばみ池の桜
中舘観音寺の桜

筑西市観光協会

厚生労働省